東北復興支援ボランティア

写真中央で、シャベルを持ち、東北復興のために支援活動をされている、友人のCさん

彼女はアメリカ人宣教師の妻として、もう長い間日本で暮らしている。

私が初めて彼女と会ったのは、今から17年前、阪神淡路大地震で被災したばかりの東灘区に住んでいた時。

それからしばらくは交流もあったが、お互いに引越ししたり、仕事の移動などで連絡も途絶えがちになっていた。

神さまの導きとしか言いようの無い、偶然の再会が2度ほどあり、今度こそは音信が途絶えないように、今はフェイスブックで情報を交換している。

そんな中、ただただ頭がさがる写真が届いた。

それがこの写真。

地震以来、何回くらい関西と東北を車で移動したのだろう?

関西に拠点を置くこの宣教師ご夫妻の働きは、本当に驚くべきもの!

もう還暦を迎える年齢にもかかわらず、きょうも東北のどこかで懸命に復興支援活動をされている。

私に出来ることを考えなくては・・・。
b0240482_12173539.jpg

[PR]
by olivebird-jm | 2012-05-31 12:20 | おしゃべりの部屋
<< 描いたら・・・残る時代 鉢植えバナナの木 >>