実家の庭

b0240482_9135988.jpg

b0240482_9124297.jpg


今年のGW後半は、九州の玄関口と言われている、門司と行橋のそれぞれの実家へ神戸から車で移動。

新緑の美しい季節なので、夫との交代の運転はさほど苦にはならなかったが、とにかく無理をしない、と言うことだけは徹底したドライブだった。

この歳で車移動ですか?という声もあったが・・・。

1600ccの小さな車だけど、2月に車検を終え、バッテリーも交換したばかり、という安心もあったからだとも思うし、何より久し振りに会う、私達夫婦の母親との会話を楽しみにしていたことが、気持ちを前向きにしたのかもしれない。

第一、手荷物の制限がないので、好きなだけ持ち運ぶことが出来るのは嬉しい。

行きは、山陽自動車道で案外空いていたが、帰りの土曜日は大変な混雑だったので、早々、中国自動車道を通ることにした。

ひさしぶりに会う母親たちは、それぞれ一人暮らしではあるものの、年齢、体力に合わせた暮らしを上手にしていると思う。
一日中太陽の光を浴びている庭は、花と木と野菜で埋め尽くされ、そこでゆっくりと自由に生きていく時間は何にも換え難く、今の時代には最も理想的な生き方なのかもしれない。

何かあればすぐに車で駆けつけられる場所に弟家族がいることも心強いこと。

これからも可能な限り、会いに来ることを約束して、九州を後にした。
b0240482_9105953.jpg


b0240482_918754.jpg

[PR]
by olivebird-jm | 2012-05-07 09:19 | おしゃべりの部屋
<< カラス麦 ニワトコおばさんと魔法のステッキ >>